FC2ブログ

山名幼稚園 園長ブログ

2014年からリニューアルして静岡県袋井市にある山名幼稚園の園長ブログとなりました。園長の園外活動を織り交ぜながら、その時々で思うことをつづっています。。

真新しいノートを使い始める時は



入園、進級おめでとうございます。
新元号「令和」が発表され、世の中が真新しくなるような気持ちになりましたね。
毎年4月は、真新しいノートを使い始める時の気分。
心を正して、はじめはきれいな字で書き出します。だんだんページが進んでいくといつのまにか文字が崩れていったという経験があります。それは慣れてきてノートになじんだ姿を喜ぶことでもあり、初心を忘れてゆるんだ姿ともいえます。
私たち職員一同、はじめの1ページがどんな心だったか、真新しい心を忘れないように1年間子どもたちと歩んでいこうと思います。
よろしくお願いします。 園長

これは、4月の園だよりの冒頭あいさつです。
新年度の父母の会総会では、この新年度のあいさつ文をもとに、こんなことも伝えました。

始めは丁寧に書こうと思ったノートも、使い慣れてくると、扱いが雑になることもあります。それは人間関係についても同じ。
夫婦もはじめは「大事にするよ」とお互いに気遣うのですが、慣れてくると自分は雑な扱いをされているかも?という姿に。
子どもにも、生まれてきてくれてうれしい!大事に育てよう!とはじめは、はりきります。
ところが現実は、そんなこと言ってられない!という状況もしばしば。
やはり、はじめの思いとは、ずれてきてしまうこともあります。

また、慣れて一体感が生まれると、緊張感が解けます。
慣れてくると、家族であれば、自分の妻、自分の夫、自分の子どもと私たちは思いがちです。
職場であれば、自分の同僚、部下、上司。
ですが、どれも自分のものではありません。
一人一人が別の人格です。

どうやら人は、自分のものと思った時から、ぞんざいに扱うようなことになりがちなのではないでしょうか。
言葉や態度を雑にすれば、信頼関係が崩れます。
たとえ小さな子どもでも、一人一人の人格を尊重することは大切です。

慣れてきてからが、お互い試される時。
せっかく神様から与えて下さった人間関係や仕事です。
人への思いが雑にならないよう、ことに当たる時も雑にならないよう用心が必要と思います。

改元される今、雑に使い古したノートは、ちょっと脇に置いて、この節目を機に、新しいノートを使い始めるように真新しい心になってみるのもいいかもしれませんね。
PageTop

3月 エッセイの裏話「出会いを楽しむ人生の旅」




年が明けてからずっと休みのないような日を送っていますが、なぜか元気です!
でもさすがに、今日は栄養ドリンクを久々に飲み、年度末につきエネルギーチャージをしました。
本当は、栄養ドリンクではダメですよね、よく眠ることが大事です。

さて、今回のエッセイですが、年配の皆さんからの開口1番の感想は「よくヒッチハイカーを乗せたよね⁈」です。
そこですか?笑
という感じですが、いい子達だったんで乗せました。

若い方々からは、
「元気出た」
「スカッとした」
などです、笑

同世代からは、
「ソフトに攻めてきましたね。
ああいう文章好きです」
というのもありました。笑

彼らのエピソードは、ロードムービーのようで面白かったのですが、エッセイでは伝えきれていません。
ですが、私が思ったのは、自分の20代の頃、本当に色々な人にお世話になり人生勉強を濃くさせていただいたということ。
多趣味で色々なところに学生というパスポートを利用して潜り込みました。
ちょっとアウトローな稼業の人たちとも関わり、人間なんとかなるもんだなと学んだり、どこでも生きていけるかなという変な自信がついたり。
そんな経験をできたのがちょうどこのヒッチハイカーの彼らの年代だったなーと思い出したのでした。

幼児と向き合っていると、無邪気さの強さと危うさを感じます。無邪気であることは、あらゆる可能性の扉を叩くことができる強みでもあります。
危うさは、無邪気さゆえの事故もありうるということ。
冒険には必ずそういうリスクはつきものです。
私はちょっとのケガはつきもの、かすり傷ひとつないことが素晴らしいとも言えないと思っています。

そういうわけで、私の若かりし頃、お世話になった方たちへの小さな恩返しでもありました。

次回6月発行のエッセイでは、「おじさんたちの反省会」をもとに書いているところです。
果たしてうまく伝わるか?冒険してみます。



PageTop