FC2ブログ

山名幼稚園 園長ブログ

2014年からリニューアルして静岡県袋井市にある山名幼稚園の園長ブログとなりました。園長の園外活動を織り交ぜながら、その時々で思うことをつづっています。。

6月エッセイの裏話「おじさんたちの反省会」



このエッセイは、たまたま隣の席から聞こえてきた「おじさんたちの反省」をきっかけに私が想像する男性と女性がお互いに抱える「どうしようもないこと」をどう受け止めるか、それぞれが考える材料として書きました。

「どうしようもないこと」とは、過ぎ去った過去の事、女性であること、男性であること。
女性性、男性性を語ることは誤解や偏見も生じやすいので避けがちなテーマですが、天理教では女は火の理、男は水の理とそれぞれの性質を説き分けています。

火と水と聞いて、どう思われるでしょうか?
性質の違う相容れないものであるとともに、創造の源とも言えると思います。
火と水は生命の源であり、エネルギーを生み出すものです。
創造的な働きを担っている者同士というのが女性と男性と言えるのではないかと思います。
すが、現実生活は、女性と男性の間には、思いのくい違いや、理解しがたいことがさまざまに起こりがちです。
その違いの中で、創造的な働きというポジティブな面を見失って、相容れない断絶が起こることがしばしばあります。

そういった「どうしようもないこと」に先人は過去、いろいろと折り合いをつけてきたと思います。
その折り合いのつけ方に、果たしてそれでよかったのか?と思うことがいろいろと浮かびます。

例えば、男性の自由な行動に対して、女性は目をつむり黙って受け入れる。
男性を立てることを優先するあまり、自分の本心や言葉を隠す、あるいは神経質に気をつかう。
究極には、女性がバカなふりをして男性の優位性を保つなど。
折り合いをつけてきたのは、女性側の方である場合が断然多かったと思います。特にこの近代の日本では。

私の祖母もそのような対応を祖父に対してしていました。
暴力的なことや、わがままが繰り返されても、受け入れていた不思議な関係⁇
このエッセイは3月には書ききっていたのですが、奇しくも、今年の4月、東大の入学式の祝辞で、上野千鶴子さんが「意欲の冷却効果」という表現で、女性の意欲を失わせる男性の対応について語っておられました。
まだ読んでいない方は、検索して読んでみて下さい。
冷却という言葉がすごくマッチしていて、この方スゴイなあと思いました。
女性の意欲は火に例えられるので、火の冷却は、まさに水によってなされるわけです。
男性のネガティヴな言葉や態度は、水をかけるように女性の意欲の火を消してしまうのでしょう。

男性側から考えてみたいと思います。
私がよく聞く男性からのお話で、「女性は言葉に長けているから、その言葉数によって男性が萎縮してしまうのだ、だから言葉はほどほどに」とおっしゃっていました。
また、「火である女性が水である男性をあたためれば蒸気機関車のように男性はがんばれる」というお話も聞きました。
火加減と火の活かし方について話しておられるのだな、と私は思いました。

どちらの話も、本質は男性のための女性ということですね。
これまでの男女の関係性はこういう本質だったのだと思います。
本来は、女性と男性は創造的な働きができる五分五分の間柄であるにもかかわらず、生かし合う行動でないことが多かったのかもしれません。

エッセイの最後には、ベビーカーに赤ちゃんを乗せた男性が喫茶店で緊張の面持ちでお茶をしているところに出くわしたことを書きました。
男性もしっかり子守をするようにと伝えたいわけではありません。

実は、昭和の男性が経験することなく終えた男性の子育て参加が今何を生み出しているかという背景も伝えたかったので書きました。
子育てに向き合うと、人は学ぼうとするのです。
子どもの育ちについて、これからの子どもたちの行く先の環境について。
小さな子どもたちと女性も男性も向き合うことで、これからのことを学ぼうとするのです。
近年開催した夜の教育講演会にはたくさんの父親の皆さんが参加されました。
この園のお父さんは、子育てに関わっている証拠と思いました。
子どもこそ創造的な働きの賜物と思います。

女性が失望しないような関係性。
男性が萎縮しないような関係性。
どちらも必要です。

昭和のおじさんたちは反省しています。
おじさんたちの姿を見て育った世代の方は、知らず知らずに同じような思考や行動が出てしまうことがあります。
そんな時は、火と水の関係性を考え、風の存在を探して下さい。

風は、火の勢い、水の流れを変えます。

残念ながら、火が消えてから、水が蒸発してしまってからでは取り戻せません。
男性はよく「人間なんだから頭で考えて論理的に解決を」というようなことを女性に求めます。
ですが、一度消えた火は再びつくことがないという不条理も抱えているのが女性です。
その証拠に、別れた恋人に対して未練のカケラもないような女性の話は数知れずです。

風はだいぶ変わってきました。
昭和の風は吹いていません。
令和の風が吹いています。
最先端という言葉を昭和世代の私たちは使いがちだと思いますが、今の20代以下の方々にとっては、それは「ナウ」今でしかないのです。
今を受け入れることで見える良き未来もあると思います。





PageTop

真新しいノートを使い始める時は



入園、進級おめでとうございます。
新元号「令和」が発表され、世の中が真新しくなるような気持ちになりましたね。
毎年4月は、真新しいノートを使い始める時の気分。
心を正して、はじめはきれいな字で書き出します。だんだんページが進んでいくといつのまにか文字が崩れていったという経験があります。それは慣れてきてノートになじんだ姿を喜ぶことでもあり、初心を忘れてゆるんだ姿ともいえます。
私たち職員一同、はじめの1ページがどんな心だったか、真新しい心を忘れないように1年間子どもたちと歩んでいこうと思います。
よろしくお願いします。 園長

これは、4月の園だよりの冒頭あいさつです。
新年度の父母の会総会では、この新年度のあいさつ文をもとに、こんなことも伝えました。

始めは丁寧に書こうと思ったノートも、使い慣れてくると、扱いが雑になることもあります。それは人間関係についても同じ。
夫婦もはじめは「大事にするよ」とお互いに気遣うのですが、慣れてくると自分は雑な扱いをされているかも?という姿に。
子どもにも、生まれてきてくれてうれしい!大事に育てよう!とはじめは、はりきります。
ところが現実は、そんなこと言ってられない!という状況もしばしば。
やはり、はじめの思いとは、ずれてきてしまうこともあります。

また、慣れて一体感が生まれると、緊張感が解けます。
慣れてくると、家族であれば、自分の妻、自分の夫、自分の子どもと私たちは思いがちです。
職場であれば、自分の同僚、部下、上司。
ですが、どれも自分のものではありません。
一人一人が別の人格です。

どうやら人は、自分のものと思った時から、ぞんざいに扱うようなことになりがちなのではないでしょうか。
言葉や態度を雑にすれば、信頼関係が崩れます。
たとえ小さな子どもでも、一人一人の人格を尊重することは大切です。

慣れてきてからが、お互い試される時。
せっかく神様から与えて下さった人間関係や仕事です。
人への思いが雑にならないよう、ことに当たる時も雑にならないよう用心が必要と思います。

改元される今、雑に使い古したノートは、ちょっと脇に置いて、この節目を機に、新しいノートを使い始めるように真新しい心になってみるのもいいかもしれませんね。
PageTop