FC2ブログ

山名幼稚園 園長ブログ

2014年からリニューアルして静岡県袋井市にある山名幼稚園の園長ブログとなりました。園長の園外活動を織り交ぜながら、その時々で思うことをつづっています。。

学び直しは、何歳からでも。

水彩教室を細々と続けて12年。まだ続けています。
特養老人ホームに、身内に近い方がお世話になっていた頃、何かのお礼ができないかと特養老人ホームで始めた水彩画教室。
誰もが彩色を楽しめるような難しくない方法を考え、取り組みだしたのが始まりでした。
河津桜2017
入所者さんは、いろいろと不自由がある中でも1枚のはがき大の絵ができていくことに喜びを感じてくれているようでした。
「また来てくださいね」「楽しみにしています」「絵が好きなんです」
入所者さんの喜んで下さる声を聞き、楽しみにしてくれる方が結構いることがわかりました。
その後、地域の方にも水彩画を楽しみたいという方がいるかもしれないと、回覧板で紹介しました。
すると、中高年の女性の方々が参加してくださるようになりました。
ブルーの花ブログ用
2010年、月2度開いていた水彩画教室も私の脳の手術を機に縮小することとなりました。
特養老人ホーム教室に後ろ髪をひかれながら、それ以降は、地域の方とともに月1回開いています。
ポインセチアブログ用
初めのころは、特養老人ホームの利用者さん向けに、もっと単純で大きな絵柄のものを課題にしていたのですが、だんだんと今いる生徒さんのレベルが上がってきたので、今ではかなり細かな描写の課題も用意するようになりました。
10年前から参加して下さる方は、「やればやるほど難しい」と一様に言われます。
それは当然で、わかってくればくるほど目指すところが深くなり、そこに近づくのに試行錯誤するようになります。
ひまわりブログ用
さらっと着彩しても絵、丹念に描き込んでも絵、一人一人の絵と向き合う時間があります。
10年も続けている人は、やればやるほど難しいと言いながら、その手ごたえがクセになるといったところでしょうか。
難しいは楽しい!
桔梗ブログ用
現在10名弱の方、平均年齢70歳くらいでしょうか、絵を楽しみたいと思う人生の充実期のお手伝いをもうしばらく細々と続けさせてもらうつもりです。
(現在、新規の生徒さんの募集はしていません)
どんなことも、いつからでも学び直しというのはできるものと思います。
70才超えた生徒さんで、見本なしで1人でデッサンから着彩までできるようになった方もいます。
やりたいことがあったら、何歳からでも初めてみると自分に自信が取り戻せたり、新しい世界が開けることもありますね。
年令を重ねた充実期こそ、新しいことを学ぶ時間にしてみてはどうでしょうか。
PageTop

6月~7月梅雨時の教室

2012あじさい
6月18日あじさいを課題に描いていただきました。
がくあじさいは以前にも描いていますが、比較的描き易い種類を選びました。
梅雨時ならではのあじさい。季節の花は、やはりいいですね。
                 2012けいとう
7月6日けいとうを課題にしました。夏から、秋にかけて楽しめる花ですね。
はじめて描く課題です。
じゅうたんみたいな花の質感といい、花の独特な形状といい、けいとうならではの特徴です。
う~んとうなりながらも生徒さん達は、熱心に取り組んでおられました。
皆さん、けいとうの赤色がすてきに描けていました。
PageTop

6月7日課題 オレンジ色のユリ

オレンジ色のユリ
久しぶりの「ユリ」です。4年前に、この種類のユリを描いたでしょうか。
ここ、袋井の可睡の百合園も今が見ごろですね。
お教室に、いらっしゃる方も、お家に帰ればいろいろあるようで・・・
この日は、めずらしくお悩み事がポロリと。
草花は、とてもやさしいです。そばにいて、支えるやさしさを草花から学びますね。
また、ぜひお越しください。
PageTop

4月5月の課題 

マーガレットピンク見本2012
ピンクのマーガレットです。今年はじめての課題でした。                                                            カンパニュラ2012見本
カンパニュラの種類だったかなと。花数多いのでちょっと時間がたりなかったかもしれません。

クレマチス2012見本
恒例のクレマチスです。今年は濃い紫です。↓ベコニアの種類です。赤の色使うのは久々だったかもしれません。

                       ベコニア2012見本
PageTop

またまた、1年ぶりの更新です。

 自身の病後、パソコンから遠ざかっていた期間が長く、また、昨年の震災後、救援物資の活動や、昨年の5月6月に、被災地に行き支援活動に取り組んでいたため、ブログがとだえていました。

 水彩画教室は昨年2月より再開しておりました。お待たせしていた生徒さん達は、変わらず参加していただいております。昨年3月10日の教室の翌日、震災がおきましたので、対応に追われ4月の教室は1回だけ開きました。その後、徐々に通常に戻し、昨年1年間はブログをやめ、1年ぶりに更新再開となりました。
震災には関係者が多く被災しましたので、気持ちの上でも水彩画を描いているなどというブログを書く気になれなかったのですが、ここで1年の区切りをつけ、また季節の花をとりあげながら、お伝えしていきたいと思います。

2012.5.17教室風景
今日の教室風景です。朝9時30分から教室を始めますが、皆さんこの日を楽しみにやってこられるようで、私より早く席についてお待ちになっています。「とてもたのしみにしています。」の声が今日も聞こえてきました。

2012.5.17巽棟
天理教山名大教会の門をくぐると多目的に使うスペースとしてある巽棟があります。ここで、教室を開いています。

2012.5.7巽棟バラ
窓の外に、この時期の目玉、バラがよく咲いています。心穏やかになります。

巽棟バラピンク
今年は肥料と土を加えたので、一段と花付きが良いです。
PageTop

4月課題アイリス

袋井から動かずに、手元の書類仕事を片づけるゴールデンウィークを過ごしています。
4月は不在が多かったため更新遅れました。
4月末日まで天理教の教会の予定が詰まっていました。ま、そちらが本業なので。

さて、山名水彩画教室も4年目に入りました。
教室に来られる生徒のみなさん、まじめに取り組む方ばかりなので初期のころから通い続けている方が多いです。
みなさんの近頃の作品は、色の調和がとれていて本当に安定しています。
なんでも3年やると身に付くものですね。
模倣を10年もやれば自分の絵が描けるようになるでしょうか。

アイリスアイリスです。初夏の香りを感じさせる花ですね。
PageTop