FC2ブログ

山名幼稚園 園長ブログ

2014年からリニューアルして静岡県袋井市にある山名幼稚園の園長ブログとなりました。園長の園外活動を織り交ぜながら、その時々で思うことをつづっています。。

9月エッセイの裏話「子供達の遊びの世界」


今年も暑かった夏がようやく落ち着こうとしていますね。
今回のエッセイは、幼稚園園長らしいテーマで書いてみました。笑
幼児期の遊びの一つ、積み木遊びについて、何か研究、分析されていることがあるかもしれませんが、あえて調べずに自分の感じたままの姿をきっかけにエッセイで私たち大人の「とらわれ」について考えてみました。
「大人になると忘れちゃうんだよね」っていうこといくつかあると思います。
積み木をひたすら高く高く積み上げたり、積み木を何かに見立てて遊んだり、側から見たら一体何をしているのやらというような見え方をしていても本人は夢中になって楽しんでいることがあります。
遊んでいる間は、周りの声や目はどうでもよく、ひたすら本人の満足と向き合います。
たまに、自分でもびっくりするようなおもしろいことや、不思議なことがあると「すごいでしょ!」と周りに共感を求めたりします。
でも、基本は、繰り返し繰り返し自分の満足のために遊ぶのです。
そうやって好きなことに夢中になっていた子供時代があったことを大人になるとすっかり忘れてしまって、理由や目的のないこと、生産的ではないことに違和感を抱いてしまうのはどうしてでしょう?
それが「大人になること」なのかもしれませんが、好きなことに夢中になれることが本当は幸せな時間なんですよね。
昨日、小学校の同窓会に行ってきました。
SNSのおかげて人と繋がりやすくなったお陰ですね。
卒業後10年経ったら開けようと地中に埋めたタイムカプセル。
13年か14年後に地中から取り出し、全員なかなか消息がつかめない中、いつのまにか20年以上の月日が経ちました。
茶封筒に入ったタイムカプセルの中には思い思いのものが入れられてあります。
なぜこんなものを?というものもあり、なかなかおもしろいです。
タイムカプセルの中身を見て「オレ、ラジコンやってたんだ~」とすっかり忘れていた当時ハマっていたものを改めて知る同級生。
リトルリーグの集合写真や、好きだったアニメやアイドル。
大人になると忘れちゃうのは何を好きだったかということだけでなく、夢中になっていた感覚も忘れてしまっていると思います。
私は今でもバカみたいにこれきっとおもしろいぞ!って何事かに取り組むことがありますが、そんな中、時々冷めた目で「他にやるべきことあるだろう」というご忠告をいただくことがあります。笑
誰の目にも目的や結果が見えることや生産性のあることだけが価値のあることでしょうか。
一定の価値にとらわれた中、当てはまらないものにダメ出しする社会はとても息苦しいものです。
私は一人ひとりが、遊びのように没頭できる幸せな時間を持てたなら、他人にも寛容になれるのではないかと思います。
子供達の遊びを眺めていると、きっと忘れていた感覚を呼び起こすことができるかもしれません。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する